雅漆工芸 最高の品質 桧本柾盛台 420x270x60 大幅にプライスダウン 5-01-05

雅漆工芸 桧本柾盛台 420x270x60 5-01-05

5391円 雅漆工芸 桧本柾盛台 420x270x60 5-01-05 ホーム・生活 キッチン用品 食器・グラス・カトラリー その他 雅漆工芸 最高の品質 桧本柾盛台 420x270x60 5-01-05 5391円 雅漆工芸 桧本柾盛台 420x270x60 5-01-05 ホーム・生活 キッチン用品 食器・グラス・カトラリー その他 5391円,5-01-05,luanvanquantri.com,雅漆工芸,桧本柾盛台,/Campanularidae1249637.html,ホーム・生活 , キッチン用品 , 食器・グラス・カトラリー , その他,420x270x60 5391円,5-01-05,luanvanquantri.com,雅漆工芸,桧本柾盛台,/Campanularidae1249637.html,ホーム・生活 , キッチン用品 , 食器・グラス・カトラリー , その他,420x270x60 雅漆工芸 最高の品質 桧本柾盛台 420x270x60 5-01-05

5391円

雅漆工芸 桧本柾盛台 420x270x60 5-01-05

納期:注文受付後2~4営業日後の出荷(取り寄せもしくはメーカー直送品)


雅漆工芸 桧本柾盛台 420×270×60 5-01-05








長野県木曽の桧を使用しており、木目が細かく美しい仕上がりに。

サイズ外寸:420×270×60mm
個装サイズ:42×27×6cm
重量個装重量:1800g
素材・材質
生産国日本


<<ご注意下さい>>
こちらの商品はメーカーよりお客様へ直接お届けの品になります。 当店での在庫はしておりません。在庫の有無はメーカー在庫のみになりますので、急な欠品や急に廃盤になる可能性がございます。ご注文頂いた商品はメーカーに在庫を確認の上改めてご連絡させていただきますので予めご了承お願い致します。
こちらの商品の配送について
○北海道・沖縄・離島につきましては、配送不可となりますので予めご了承お願いします。
こちらの商品の包装(ラッピング)について
○上記の理由(メーカーより直送)により包装はできませんので予めご了承お願いします。
こちらの商品の不具合について
○お届けしましたこちらの商品に不具合があった場合、商品到着日より1週間以内に当店にご連絡ください。メーカーが直接対応させて頂きます。
○お客様がご自身で修理された場合、費用の負担は致しかねますので予めご了承下さい。
【商品番号:1627607】

雅漆工芸 桧本柾盛台 420x270x60 5-01-05

怠惰すぎる大阪在住OLの心と体(舌)の逃避行

ユースで朝食も食べたので、いざ出発。

恒例のノートルダムを眺めながら右岸に渡り。



ちょっと覚えてないけど、歩いて行ったのかな…?
バス…?


目的地は、Cluny la Solbonne駅が最寄りの
レストラン「Bouillon Racine(ブイヨン・ラシーヌ)」

コテコテフランスなビストロを探してたら
「パリの向こう」というブログで
面白おかしく紹介されてて
絶対行きたくなったのですよね〜( ´∀`)つ


これで1つ消化したわね…思って
やりたかったリストを今振り返ったら
「伝統的なビストロで食事」は入ってなかった。テへ。


1.ビストロノミーのお店でランチ
2.カジュアルなステーキ店に行く。ワインも飲む
3.クロワッサンの美味しいブランジェリーへ行く
4.パリならではのカフェで朝食
5.お洒落なブランチをする
6.新しいアートを見る
7.伝統のアートを見る
8.人気のパティスリーへ行く
9.サロン・ド・テでお茶をする




◆ ◆ ◆ ◆


とりあえず予約より早く着いたので、
周辺をぶらぶらする私。


これは映画とかドラマとか漫画の専門店
「Album Comics」のディスプレイだったか?

誰が買うの!?ジョフリー・・・!!!


大好きな「ゲームオブスローンズ」のフィギュアが。
日本では全国民支持、というほどの人気ではないので
あまりグッズなど見かけないため大興奮。



誰が買うのシリーズ2。ヴァリス・・・!!!
賢いあなたが好き。

ヴァリスやティリオンみたいに皮肉屋だけど
自分でのし上がっていく実力があって、
同じ元弱者に慈悲があったりするところが
そして賢いという役柄が好きすぎる。



ブライエニー(●´ω`●)
名前を言うときの「タース」の発音が好き。

ブライエニーのように超強いのに心がまっすぐ
と言う役柄も大好物。
ゴールデンカムイで言うと谷垣ニシパ、
龍が如くで言うと大河が好き。


実は最終エピソード、
気が乗らなくてまだ見てないんですよね〜。
忙しい時に見ると心折れるので。。



最近どんどんあらぬ方向に行っているWD。
でもやはり愛着はあるのでね、見つけると嬉しいです。

しかしダリル、なぜこの瞬間を切り取ったの??
かわいそう・・・



まだまだ時間があったので徘徊。
この辺りの建物は高貴な感じがする。



なんか余裕ある一角、と言う感じですね。
映画館も多いし知識階級の集まる場所なのかしら。



これ、クリュニー美術館?とか今ふと思う。
一角獣の絵を置いてるところでしょうか。



時にですね・・・

パリの女子はエコバッグ率が高くて、
このときの2人のもめっちゃ可愛かった〜
ので思わずパシャリ。

実は偶然見かけた可愛いバッグのロゴなど覚えて、
店舗に行ってみたりもしました。こわっ


そして書店「Gibert Joseph」にもGO。
どんだけはよ着いたんだ(・∀・)


面白いものが結構あったんですよね〜

世界の街のパズル。好きな街のだとめっちゃ楽しそう。



この後あちこちで見かけたシリーズ。
パリのテーマ別ミニガイドみたいな。



かわいい。



みんなで遊べる言葉あそびゲームみたいなのもあって。



フランス語の勉強にもいいかもしれない。



デザインがいちいちお洒落なのだなー


◆ ◆ ◆ ◆


予約の12時になったのでやっとお店へ。

ってガラガラ〜(・∀・)
開店と同時なら予約なくても行けたな。



とは言えこの後じゃんじゃん入ってきて大繁盛。

「Bouillon Chartier」の姉妹店、さすがの人気ですね。
イブサンローランの映画でも使われたとか。



そう、めっちゃ素敵なの。。
独特の曲線、これがいわゆるアール・デコ…??
自信のなさが文字の大きさに表れてますよ。



パリの通りを眺めながらお食事。


不織布ベッドボトム収納バッグ新しいキルト衣類仕分けボックス防塵折りたたみ収納バッグ
昨日は炭酸水頼んでおげふぁとなったので
大人しく水道水シルブプレ。

オーダーはランチセットの前菜+メイン。
ちなみにメイン+デザート、もしくはその3つでもOK。



前菜はpetit poisのスープ。
グリーンピースですね。濃厚でうまい〜



パンも美味しかった。



余談だけどカトラリがかわいかった。
うにょうにょした柄と円筒、重厚感あってかっこよい。



メインはagneau(子羊)だったはず。
出てきた瞬間うひょー(゚∀゚)



しかしこのボリューム感…お分かりになりますでしょうか。


普段からお肉派の私ですが、連日さすがに重かった…
美味しかったんだけどね(・∀・)

行けそうだったらデザート…と思ってたけど無理。
手前のピューレがまた多くて、、美味しいんだけどね。




これはいかん…と満腹に唸りながら
カフェでお腹を落ち着かせる。


カフェの真下に大変恐縮ですが…
バックヤードのトイレに続く道のタイルがかわいかった。

ね。かわいいでしょ。



床のタイルも可愛かったです。



鏡貼りの感じもグッとくる!



ぱつんぱつんのお腹をさすさすして外に出たら、
映画館がありました。

「テルマ&ルイーズ」をやってるのかー!
と立ち止まる。

こだわりあるチョイスの映画館という位置付けか。
というかこの「Le Champo」って名前知ってた。
有名なとこなのね。


伝統的ビストロの「Bouillon Racine」、
あの夢みたいな空間も、思い描いていた通りのフレンチも
大満足できるランチとなりましたー!

ただ、一人で来るのはちょっと勿体ないかなー
今度はお喋りと共にゆっくり楽しみたい。


このソルボンヌ辺りの雰囲気もとっても良くて、
少し行けばリュクサンブール公園もあるし
またゆっくり訪れたい。

ではでは。


おはようございます…!!
ハニードロップレット umfマヌカハニー10+ 6粒(23g)12個
曇り空の昨日と打って変わって、快晴!!
今日はユースの朝食を頂いてみる。

というのもね、この日はランチを予約してるから
朝ガッツリ食べるのもなーと思って。



あった。
フランスの朝食会場は大体地下なのはWHY?



この壁材の感じ、なんだか私の中で
公共施設オブフランス、って感じぃ〜!!

なんか椅子に座ってバエて見たら的な
張り紙が気になる…


洞窟のようになっていて

このあたりにね、



映え椅子が鎮座。
この気軽さよ。


そして食堂。

何気に素敵じゃないか


そして朝食はこれ。

典型的な、フランスの軽い朝ごはん。
このなんでもないやつが、本当に、大好き!!!!



ブレブレ〜!!!!
この配給的カウンターから
無機質に渡されるパン。萌え。



ヨーグルトやジャムはここから、
HOTドリンクは左のマシンから。

マシーンのコーヒーには日頃親近感ゼロなのに、
フランスとなるとなぜかそれも愛しく(´∀`*)



嬉しくて上からも撮りましたもんね。

この質素さが素敵すぎる。

クロワッサン&バゲットのパン&パン。
バゲットは縦にゴリゴリ切って、
バターとジャムを塗ってタルティーヌにしましょうね。
案外パン美味しいし…

甘いもの好きの私には、適度に甘い、最高の朝食。
そしてジュースと温かい飲み物の組み合わせ。

ブラックが好きな私だけど、フランス的朝食の時は
迷わずカフェクレームを選択。

あー幸せ(*´Д`*)



地下だけど明かりもサンサン。

すっごい良い朝食スポットだったじゃん…
と1日目来なかったことを若干後悔した私(・∀・)


お洒落で素敵なやつも良いけれど、
どこでも食べれそうなフランスの庶民の朝食が
やっぱり私は一番好きっ!!(*´Д`*)
という変なツボ押されまくりでした。


ではでは。

宿でちょっと休憩をして、出発。

Pont Marie駅の方向、シテ島の方向に向かう道。



ノートルダム。崩落した部分がまだあります。
正面からもちゃんと見ればよかった・・・



河が2つに分かれている部分が好き。


で、なぜここを通ったのか覚えてない。
バスに乗って行ったのかな??


ということでいきなり始まってますがエッフェル塔に参りました。

いつもと色が違う。
この時特別版のライトアップショーがタイミングよく上演されていて。


最近はもっぱらトロカデロからのエッフェル塔、
が主流っぽかったのでトロカデロ広場でバスを降りました。

昔はシャンドマルス公園からが主流だった気がする
のは・・・きっと私だけ・・・(・∀・)


日仏友好160周年のイベント「ジャポニズム 2018」
のエッフェル塔特別ライトアップは日本人の照明デザイナー
石井リーサ明理さんという方が手がけてらっしゃった。



人だかりも半端なかった。



息を飲んだのがこれ。

これ、あの、屏風ですよね・・・??
菖蒲の絵のやつです、尾形光琳です。(調べた)



これ紫に見えますが、多分白で、
赤い部分が日の丸です。


かわいい子豚の携帯スタンド アイデア 携帯スタンド 個性携帯スタンド卓上ipadスタンド
一面真っ赤になり



トリコロール。
ここではボレロが流れていました。



すみません…もう記憶がまったくないのですが



これも何かに向かって切り替え時の色…??


日本の素晴らしさを伝えられるショーにしたいと
デザイナーさんがインタビューで言っていたけど、
本当、その場にいて誇らしくなりましたよ。


久しぶりのパリだから通常ライトUPも見たかったけど
この時しかない演出で見られて嬉しかった^^


満足して最寄りのバス停に参ると。。

このときね、確か96番を待ってたのですが。

1っていうのは後1分で来るよ、ということなのに
永遠に来なかった…WHY...

1つ逃した(かどうかも分からない)後に、
証拠でこれパシャって撮ったんだけど。

30分くらい待ってやっと乗れたという、
未だミステリー案件です。


ではでは。
翌日に続く。
 

↑このページのトップヘ